競艇予想口コミの特徴を知れば深い予想が可能

ボートレースは海上を走るボートの順位で競って行くイメージがありますが

そして一度はやったことある人いるでしょうが、スポーツといってもかなり危ない物と聞くことが多い競技。

そして、ボートレーサーは全国にある競艇場のレース参加して順位競って行く仕事。

ボートレーサーのレースは1周600メートルの競争を反時計回りに3周して、レースに出るときボートとエンジン貸し出され、公平にするため抽選で選ばれたボート乗り競争をするのです。

ボートレーサーが競艇で競争時期は前期、後期に分かれ、前期は5~10月、後期は11~4月に分かれ、年中してるスポーツでもあります。

そして、レーサーの平均年収は1600万になるとされていて、数字見る限りなかなかの高い収入で、さらに平均でこの数字でうえがあるということ。

ボートレーサーは大きく分け4クラスあって、どのクラスになるかで年収が変わってきます。

一番下クラスレーサーの年収約500万に対してトップクラスは1億超えするレーサーが多いです。

各クラス別平均年収はb2が年収約500万で、b1は1100万、a2は約1990万、a1が3400万となり、あくまで平均でその年により変わります。

またボートレーサーの収入源で鵜が、獲得賞金といろいろな手当てで個人収入決まって、獲得賞金おおければ収入増えることになります。

獲得賞金多くするには大会でいい成績残したりします。

そして、ボートレーサーは収入源として獲得賞金といろいろな手当てで個人収入決まってきます。

またボートレーサーの手当てが厚くて特有ですが、1大会でフライングしないとその時点で約5万の賞金出たりします。

手当の中で乾燥手当やナイター手当などがあって、その選手があてはまる手当てがつくようになります。

クラスにより年収差はげしくて、ボートレーサーは実力主義なので、実力あればそれだけ給料もらえるのです。

選手の中で最高約2億2000万の年収得た人もいたりして、選手生命長いスポーツで約30年も選手で活躍できます。

そして、ボートレースは国が定めるかけをするもので、ギャンブルの部類になり、お客があかけた額が給料に関係したり、大会で優勝すれば賞金で入る額が大きいのは年収高い要因となっています。

ボートレーサーはクラス分けられていて、どのクラスにいるかででられる大会が限られ、そしてでれる回数が違って、でれる大会により配当金がかわり、クラスが上のほうが年収アップになるのです。