競艇予想口コミの特徴を知れば深い予想が可能

競艇選手の収入源はレースから得る賞金

レースに参加することで得られる日当の2パターンで、どちらが大きなウエートしめてるかというと圧倒的に賞金です。

選手の収入減の大きなウエイトが賞金で、当然レース成績により獲得賞金変わります。

そして、競艇選手の平均演習約1700万円といわれていて、下位に甘んじる選手の年収で800万ぐらいあるといわれます。

そしてサラリーマンからするとのどから手出るぐらいの年収ですが、怪我など身体的問題でいつ引退するかわかりません。

ずっと選手でやっていける保証がなくこれぐらいの年収もらわなくては選手志す方は出てこないです。

そして、トップクラスの選手になれば1億円以上稼ぐ方も珍しくありません。

生涯獲得賞金トップいってる選手で生涯獲得額35億です。

はっきり言えば、ほかのスポーツより競艇選手になり上位選手目指してみたほうが長期的に稼げると思います。

そして競艇はレースでの獲得賞金以外に日当得られます。

ですが、賞金は銀行振り込みで、それと別で日当は選手に対し現金払われます。

また、フライングなどをして30日間、60日間などフライイング休みの状況になれば、その期間無収入です。

賞金ランクトップクラスの収入ある選手なら年1,2回の長期休みで気リフレッシュできるといったポジティブなとらえからみたいですが、年収低い方からすれば死活問題。

そして、定年制、競輪みたいな成績評価による強制引退制度はないですが、3年に1度される選手登録更新時健康診断を受けることになっていて、その時視力検査で裸眼視力0.5以上など基準クリアしてないときはセンス登録抹消されてしまいます。

そして、競艇選手の選手会の日本モーターボート選手会は競争公正確保や競技水準向上化に関し規定といったものを定めていて、直近4期の通算事故率0.70以上あるいは4期通産省率3.50未満の選手に対し選手会退会勧告することができるのです。

そして、登録更新検査クリアして選手会退会勧告うけないぐらいの成績あるときは、生涯選手を続けられます。

そして、飲酒運転事故など対面を汚した利したら、成績がよくても退会勧告受けてしまいます。

また、競艇選手返金年齢ですが、活躍してる選手年代により、毎年変動しますが、平均年齢は約36歳前後とされています。

そして、加齢により視力、体力衰え以外に減量厳しくなってきて40代後半~50代で多くの選手引退してます。